文字サイズ
第19回高校生小論文コンクール 作品募集
高校生を対象に、高校教育及び社会教育の見地から、次代を担う青少年の溌剌とした自己形成と、健全な意識形成に寄与することを期待するものです。個人部門とグループ部門で作品を募集します。
応募要項
個人部門

●自分の未来●人生の夢や目標●今熱中していること●高校生活●ボランティア活動…のような個人的なこと・関心事から社会的提言にいたるまで、自由に副題をつけて小論文スタイルで表現してください。

グループ部門

●学校内の諸活動(教科や教科外の課外活動・部活動など)の中から、グループで課題を持って研究したものを、明確なテーマ(副題)に基づき問題提起からその結論までをグループで研究発表してください。

学校部門

●積極的かつ優秀な作品を数多く応募していただいた学校を表彰いたします。

・主  催/公益財団法人 生涯学習振興財団
・共  催/読売新聞西部本社
・特別協賛/帝京大学・帝京大学グループ
・後  援/文部科学省
福岡県教育委員会・佐賀県教育委員会・長崎県教育委員会・大分県教育委員会・熊本県教育委員会・宮崎県教育委員会・鹿児島県教育委員会・沖縄県教育委員会・山口県教育委員会・島根県教育委員会
・協  賛/広島県教育委員会

■応募対象………高校生
■小論文テーマ………「今こそ大志を語れ」

「少年よ、大志を抱け」というクラーク博士の名言の理念に適うテーマで、高校生としての将来の夢や人生の目標、また、社会の問題や関心事等について、自由に設定し、小論文スタイルで闊達に論じ表現してください。

■原稿枚数
  • ・個人部門/400字詰原稿用紙で1,200字以上1,600字以内。
  • ・グループ部門/原稿枚数:400字詰原稿用紙で2,400字以上4,000字以内。(多人数で論文をまとめたもの)
  • ※テキストデータの場合は縦書き1行20字詰×20行に設定ください。
■必要事項 ●必ず副題をつけてください。

応募用紙(PDFをダウンロードください)を利用ください。個人部門かグループ部門のいずれの参加か明記し、個人部門では必要事項(①氏名(ふりがな)②学年③性別④郵便番号と自宅住所⑤自宅電話番号⑥学校名(ふりがな)⑦学校所在地と電話番号⑧ご担当教諭名)を記入し添付してください。グループ部門では代表者の①から⑧までとグループ各人の①②③を記入ください。

■注 意
  • ※応募作品は未投稿のもので自作の小論文に限ります。(形式にかかわらず、対外的に発表された作品と内容が同一と考えられるものは未投稿作品とはなりません)
  • ※応募作品の著作権は主催者に帰属し、原稿の返却はいたしません。
■応募先

〒832-0814 福岡県柳川市三橋町垂見18-2
(公財)生涯学習振興財団内 「第19回 高校生小論文コンクール」係

  • ※学校単位で応募の場合、ご担当教諭のお名前を封筒に記入ください。
  • ※問い合わせは
    (公財)生涯学習振興財団 Tel.0944-72-5452/Fax.0944-72-1803
    まで。
■応募締め切り

平成29年10月31日(火) 当日消印有効

■審査結果の発表

平成30年1月1日(元日)の読売新聞西部本社版紙上および読売新聞ホームページ「ヨミウリ・オンライン九州発」で受賞者ならびに優秀作品を発表します。また、優秀作品を掲載した優秀作品集(小冊子)を作成し平成30年2月末頃に送付します。

■表 彰
・個人部門
  • 冲永荘一博士記念大賞〈1名〉賞状、奨学金10万円
  • 優秀賞 〈1名〉賞状、奨学金5万円
  • 審査委員特別賞 〈1名〉賞状、図書カード3万円分
  • 優良賞 〈5名〉賞状、図書カード1万円分
  • 奨励賞 〈30名〉賞状、図書カード3千円分
・グループ部門
  • 最優秀賞〈1組〉賞状、奨学金10万円
  • 優秀賞 〈1組〉賞状、奨学金5万円
  • 審査委員特別賞〈1組〉賞状、図書カード3万円分
  • 優良賞 〈1組〉賞状、図書カード1万円分
・学校部門
  • 特別学校賞〈2校〉賞状、図書カード5万円分
  • 学校賞〈20校〉賞状、図書カード5千円分

※表彰される人数、学校数は予定で変更になる場合があります。

■審 査
・審査委員長  今谷 明

いまたに あきら。帝京大学文学部特任教授、都留文科大学元学長。専門は日本中世史。ヨーロッパ・オリエントと日本中世の封建制との比較研究も手掛ける。著書多数、近刊では『象徴天皇の源流』新人物往来社、『天皇と戦争と歴史家』洋泉社がある。

※お寄せいただいた個人情報は、本コンクール以外の目的では使用いたしません。表彰受賞者の氏名・学校名・学年を本財団通信・ホームページ、そして読売新聞西部本社版新聞紙上及び読売新聞ホームページ「ヨミウリ・オンライン九州発」に掲出予定です。