文字サイズ
    

    世界遺産

     

    世界遺産、女神のせ…宗像大社「みあれ祭」

    • 大漁旗などを掲げて海上パレードをする船団(1日午前、福岡県宗像市で)=久保敏郎撮影
      大漁旗などを掲げて海上パレードをする船団(1日午前、福岡県宗像市で)=久保敏郎撮影

     豊漁や海の安全を祈願する宗像大社(福岡県宗像市)の海上神幸「みあれ祭」が1日、行われた。7月に「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(宗像市、同県福津市)が世界文化遺産に登録されてから初めての開催で、200隻以上の漁船がまとまって玄界灘を航行する様子に、大勢の見物客から歓声が上がった。

     宗像市の離島・沖ノ島にある沖津宮おきつみやと、大島にある中津宮なかつみやに祭られた2女神が海を渡り、本土にある辺津宮へつみやの女神と再会する行事。

     中津宮での神事後、ご神体は御座船ござせんに載せられて大島を出発。大漁旗を掲げた船団に守られながら、本土の神湊こうのみなと港に約1時間をかけて向かった。

    2017年10月02日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発