文字サイズ

    歴史・文化財

    製鉄用の地上炉跡、壱岐・カラカミ遺跡で国内初確認

    • 地上炉跡付近を右手で示す壱岐市学芸員(14日、長崎県壱岐市のカラカミ遺跡で)
     長崎県壱岐市教委は14日、同市の弥生時代の環濠かんごう集落カラカミ遺跡で、国内で初めて鉄生産用の地上炉跡が複数見つかった、と発表した。弥生時代では明確に確認されていない精錬炉跡の可能性があるとしている。専門家によると、日本で精錬が始まったのは6世紀後半とされており、従来の定説の見直しにつながる可能性もあるという。

     市教委によると、炉跡は少なくとも6基あり、竪穴住居跡の中で見つかった。弥生時代後期(紀元1~3世紀)の複数の時期のもので、床面に直径約80センチの範囲で焼土塊が広がっており、床面に直接炉を築く地上式とみられる。炉に風を送るふいごの一部や棒状の鉄素材も出土している。

     これまで国内各地で確認されている鍛冶炉は地面に穴を掘ったものだが、今回は韓国南部の遺跡などにみられる精錬炉跡に似ているという。

     市教委は「カラカミ遺跡では鉄素材が多く出土していることからも、精錬炉だった可能性がある」と指摘。朝鮮半島から1次素材を輸入し、本土へ鉄を供給する中継交易拠点だったと推測している。

     カラカミ遺跡は、「魏志倭人伝」に記された「一支国いきこく」の王都とされる「原はるの辻つじ遺跡」(国特別史跡)とともに、一支国を構成する集落と位置づけられている。

    2013年12月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発