文字サイズ

    歴史・文化財

    九大敷地から元寇防塁跡 薩摩国が築造か

    • 九州大箱崎キャンパス内で出土した元寇防塁とみられる石積み遺構(20日、福岡市東区で)
      九州大箱崎キャンパス内で出土した元寇防塁とみられる石積み遺構(20日、福岡市東区で)

     九州大は20日、福岡市東区にある箱崎キャンパス内での文化財発掘調査で、元寇げんこう防塁の跡とみられる石積み遺構が出土したと発表した。同市で見つかった同種の石積み遺構としては最も東に位置しており、九州大は「博多湾沿岸全域に防塁が築かれたことを示す貴重な物証」としている。

     発表によると、キャンパス移転に伴う調査で、地下約1・3メートルで見つかった。南北約17メートル、幅約2メートル、高さ約0・9メートル。平らに加工した痕跡のある自然石が直線状に並び、石を3段ほど積み上げた部分もあった。文永の役(1274年)の後、再度の蒙古襲来に備えて薩摩国(現・鹿児島県)が築造を担った防塁の一部である可能性が高いという。

     同市では、西端の今津地区から東端の香椎地区まで約20キロにわたり防塁があったとされ、遺構がある今津、いきの松原、百道ももち、地蔵松原地区などの10地区が国の史跡に指定されている。

     発掘に当たった九州大埋蔵文化財調査室長の宮本一夫教授(考古学)は「他の防塁遺構と比べても保存状態が非常に良好で、学術的価値が高い。調査を進め、国の史跡指定を目指したい」と話している。

    2016年09月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発