文字サイズ

    歴史・文化財

    「名君」直正像73年ぶり姿現す

    • 除幕された鍋島直正の銅像
      除幕された鍋島直正の銅像

     明治維新の原動力となった佐賀藩の近代化を主導した10代藩主・鍋島直正(1814~71年)の銅像が73年ぶりに再建され、佐賀市城内の佐賀城二の丸跡で4日、除幕式が行われた。「明治150年」を来年に控え、名君が再び姿を現した。

     直正の銅像は1913年、同市の佐嘉神社近くに建てられたが、戦時中の金属供出で44年に姿を消した。生誕200年の2014年、再建の機運が盛り上がり、県内の経済団体などが再建委員会を設けて寄付を募り、目標の1億円を超える約1億4000万円が集まった。

     新たな銅像は高さ約4メートルで、海外の技術を取り入れる窓口となった長崎や西洋がある西を向く。台座などを含めた高さは約8・5メートル。佐賀大芸術地域デザイン学部の徳安和博教授が原型を制作、旧銅像の束帯姿を踏襲しつつ、将来を見据えた目や穏やかな表情を表現した。

     銅像近くには、国内で初めて実用反射炉を築造するなど直正の業績を紹介する銅版レリーフも設置された。

     除幕式には地元の小学生や募金に協力した市民、経済関係者らが参加。再建委会長の井田出海・佐賀商工会議所会頭は「次代を担う青少年にとって、佐賀が輝いた時代のシンボルとして、進取の気性の模範として、長く仰ぎ見る存在になることを確信している」と期待を込めた。

     再建委はこの日、銅像と募金の余剰金約3700万円を県に寄付した。直正の顕彰、発信事業などに充てられるという。

    2017年03月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発