文字サイズ

    展覧会

    KKT開局35周年記念 ターナーからモネへ

     モネ、ルノワール、ターナー、ロセッティら巨匠の名作を一挙公開!

     世界屈指のコレクションを誇る英国・ウェールズ国立美術館。そのコレクションから選りすぐった名品約70点を紹介します。英国のターナー、コンスタブル、フランスのミレー、モネ、ルノワールら両国の巨匠と作品に焦点をあて、美の交流をたどります。

    • ピエール=オーギュスト・ルノワール《会話》1912年 ©National Museum of Wales
      ピエール=オーギュスト・ルノワール《会話》1912年 ©National Museum of Wales

    会場

    熊本県立美術館本館(熊本市中央区二の丸2番)

    会期

    2017年7月29日(土)~9月10日(日)
    8月14日、28日を除く月曜休館

    時間

    午前9時30分~午後5時15分
    (入場は閉館の30分前まで)

    入場料

    一般 1,300円(1,100円)
    高校・大学生 800円(600円)
    中学生以下無料

    ※()内は20名以上の団体料金。障がい者手帳をお持ちの方は無料

    問い合わせ

    熊本県立美術館(096・352・2111)

    主催

    熊本県立美術館、KKTくまもと県民テレビ、読売新聞社

    特別協賛

    肥後銀行

    2017年07月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発