文字サイズ

    展覧会

    古唐津

    • 絵唐津丸十文茶碗 桃山時代
      絵唐津丸十文茶碗 桃山時代

     桃山時代に生まれた古唐津は、どっしりとした風格の器と軽妙な絵付けが醸し出す素朴な魅力を持ち、出光興産創業者の故・出光佐三氏も熱心な収集家でした。古唐津を愛好するきっかけになった「絵唐津丸十文茶碗」など、出光コレクションから貴重な逸品の数々を紹介します。

    会期

    10月27日(金)~12月17日(日)月曜休館

    会場

    出光美術館・門司(北九州市門司区東港町2の3)

    入場料

    一般700円、高校・大学生500円
    ※10人以上の団体は各200円引き。中学生以下は無料だが、保護者の同伴が必要。

    問い合わせ

    出光美術館・門司(093・332・0251)

    主催

    出光佐三記念美術館、出光美術館、読売新聞社

    協賛

    出光興産

    2017年09月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発