文字サイズ

    休養日 変わる部活

    • 福岡市西区の専用グラウンドで練習する福岡大大濠の野球部員。原則、毎週月曜日は休養日にしている=中司雅信撮影
      福岡市西区の専用グラウンドで練習する福岡大大濠の野球部員。原則、毎週月曜日は休養日にしている=中司雅信撮影

     高校スポーツ界で、定期的に〈休養日〉を設けて練習に取り組む学校が目立ってきている。全国大会常連の強豪校でも、リフレッシュによる効果を狙って積極的に採用。それが好成績を収める要因の一つにもなっている。指導者や選手は、休養日の設定についてどう考えているのか。現状を探った。

     昨秋の九州大会を制し、今春の甲子園に出場する福岡大大濠(福岡)野球部は、週1日のペースで原則、月曜日を休養日としている。

     普段の全体練習は、福岡市西区の専用グラウンドで約2時間半。試合を行うことが多い日曜日の翌日に休み、体力の回復や気持ちの切り替えを図るのが狙いだ。過ごし方は、部員各自に任せている。

     正捕手としてチームを引っ張る古賀悠斗選手(17)は「バットもボールも触らないことにしている。勉強の時間に充てることも多い。いったん野球から離れてリフレッシュすると、次の日からの練習に一段と身が入る」と効果を口にする。

     同部の休養日は、最近始まったことではない。OBの八木啓伸監督(39)によると、自身が高校球児だった約20年前には、すでに設けられていたという。八木監督は「部員にとっては、体のケアや、勉強の計画が立てやすくなる。部の良い伝統として続けている」と説明する。

     今春で3季連続の甲子園出場となる秀岳館(熊本)野球部にも、休養日がある。社会人の松下電器(現パナソニック)などで指揮を執った鍛治舍巧監督(65)は2014年、監督に就任。それまで約4時間だった1日の練習時間を2倍近くに延ばしたが、部員の集中力が続かず、故障者も相次いだ。

     そのため、練習を全くしない完全休養日と、ボールを握らずに筋力トレーニングや素振りだけを行う「ノースロー」の日を、それぞれ週1日の割合で設定した。メリハリをつけたことで、部員のけがも減ったという。鍛治舍監督は「休養に加えて、食事も気を使うことで部員の体が大きくなり、バットのスイングなどが目に見えて速くなった」と振り返る。

     昨秋の中国大会で優勝し、今春の甲子園出場校に選ばれた宇部鴻城(山口)野球部も、基本的に毎週月曜日は、ボールを使った全体練習が休み。その日、部員は、疲労回復を目的に約1時間のエアロビクスに取り組む。

     野球以外の競技でも、強豪校は休養日を設けている。中でも、今年度の全国高校大会で6度目の優勝を遂げた東福岡(福岡)ラグビー部は、取り方のペースが独特だ。

     基本的には週1日、試合のない時期は週2日。長期間の大会に出場した後は、約2週間にすることもある。藤田雄一郎監督(44)は「たくさん練習すれば強くなるというわけではない」と言い切る。

     部員に1か月間の練習スケジュールを事前に知らせる。休養日の過ごし方は、各自の判断。体を休めたり、けがを治すのに専念したりする部員もいれば、筋力トレーニングなどに励む部員もいるという。

     藤田監督は「練習や勉強で厳しい環境にばかりいては疲れてしまうので、気分転換は必要。ただ、休み過ぎは良くない。どうするのがベストかと、部員に考えさせるのが大切」と強調する。休養日に至るまで自主性を徹底し、チームを強化している。

    2017年01月31日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発