文字サイズ

    見る・感じる

    健さん映画特集8本 小倉昭和館

     2014年11月に亡くなった俳優高倉健さんが出演した映画の上映特集が、21日から北九州市小倉北区魚町の映画館「小倉昭和館」で始まる。同館が実施した人気投票で最多得票だった「幸福の黄色いハンカチ」など計8本を2本立てとし、2月17日まで週替わりで上映する。

     人気投票は来館者を対象に昨年11月1~30日に実施。投票総数252票のうち、幸福の黄色いハンカチが1位となる63票を獲得した。投票した人からは「高倉健の圧倒的な存在感に衝撃を受けた」「健さんの優しさがにじみ出ている」などの意見があった。

     第2位は、北九州市内で撮影が行われた高倉さんの遺作「あなたへ」。37票を集め、「健さんの最後の作品で、門司港の風景も思い出深い」などの声があった。第3位は「鉄道員(ぽっぽや)」で36票だった。このほか、昨年のモントリオール世界映画祭のワールド・ドキュメンタリー部門で最優秀作品賞を受賞した「健さん」も上映される。

     今回の特集は23日から小倉北区室町の北九州市立美術館分館で始まる「追悼特別展 高倉健」との連動企画。昭和館館主の樋口智巳さんは「健さんの映画特集は今回で10回目。追悼特別展と一緒にスクリーンの健さんにも会いに来てほしい」と来場を呼びかけている。

     料金は2本立てで1100円。問い合わせは同館(093・551・4938)へ。

    ◆上映リスト

     ▽21~27日「鉄道員(ぽっぽや)」(1999年)、「殴り込み艦隊」(60年)▽28日~2月3日「あなたへ」(2012年)、「荒野の渡世人」(1968年)▽4~10日「新網走番外地 さいはての流れ者」(69年)、「緋牡丹博徒 二代目襲名」(69年)▽11~17日「健さん」(2016年)、「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)

    2017年01月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発