文字サイズ

    食べる・飲む

    「幸せ上々、みやこのじょう弁当」宮崎初のV

     JR九州の「第12回九州駅弁グランプリ」決勝大会が23日、福岡市内で開かれ、西都城駅前(宮崎県都城市)で販売されている「幸せ上々、みやこのじょう弁当」=写真=が優勝した。宮崎県勢がトップを飾るのは初めて。

     今回は初登場に限って参加を募り、九州7県から34種類がエントリーした。この中から、昨年10月~今年1月に行ったはがきでの投票(約3000票)で、10種類の弁当を選出。決勝では、料理研究家ら約20人がこの10種類を審査し、はがきでの投票結果と合わせて、最終順位を決めた。

     「幸せ上々、みやこのじょう弁当」は畜産や焼酎づくりが盛んな土地柄を踏まえ、異なる味付けをした牛肉や豚肉、鶏肉を盛りつけ、ごはんは焼酎を加えて炊きあげた。製造会社の瀬戸山聡専務(46)は「都城に立ち寄る人が増えてくれたら」と期待した。

    2017年02月24日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発