<速報> 仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ
    文字サイズ

    食べる・飲む

    太陽のタマゴ 過去最高40万円

    • 2個40万円で競り落とされた完熟マンゴー(右手前)
      2個40万円で競り落とされた完熟マンゴー(右手前)

     県特産の完熟マンゴーの最高ブランド「太陽のタマゴ」の出荷が13日、全国31市場で始まった。宮崎市中央卸売市場の競りでは、1箱(2個入り、計約1キロ)に過去最高となる40万円の値が付いた。

     果物の卸、小売りを手がける「南国フルーツ」(福岡県春日市)が競り落とした。関西の市場で30万円台後半の値が付いたとの情報が入り、「九州の果物なので、最高値は九州でつけたい」と考えたという。福岡市・天神の百貨店「岩田屋」内の店舗に運ばれた。

     JA宮崎経済連によると、今年度の完熟マンゴーの出荷量は、平年並みの約1047トンの見込み。担当者は「実が大きく、甘く育っている」としている。13日は全国で計1466箱が競りにかけられ、平均価格は昨年を1343円上回る9242円だった。出荷のピークは5月中旬~6月中旬。

    2017年04月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発