文字サイズ

    食べる・飲む

    ジェラート総選挙来て、久留米東部に5店舗並ぶ「街道」

    • ジェラートを紹介する参加店の代表者ら
      ジェラートを紹介する参加店の代表者ら

     福岡県久留米市東部でジェラートを販売する5店舗が並ぶ県道などを「耳納北麓ジェラート街道」と名付け、人気の一品を選ぶ「総選挙」が始まった。

     耳納連山と筑後川にはさまれた耳納北麓地域は自然に恵まれ、果物の栽培が盛ん。地域の魅力を広め、観光客を呼び込むきっかけにしようと、久留米観光コンベンション国際交流協会が企画した。

     街道は、久留米市田主丸町と同市山本町の東西約10キロ。参加店とジェラートは、▽紅乙女酒造(こうじ甘酒)▽樹蘭マルシェ(ネクタリン)▽鳥越農場(マンゴー)▽久留米市世界のつばき館(久留米ツバキの油)▽おとうふ屋りん(豆乳)。

     つばき館で7月11日、街道の開通式が開かれ、各参加店が自慢の商品をPR。代表して紅乙女酒造の吉村拓二社長が「雄大な自然と豊かな恵みをジェラートにぎゅっと詰め込みました」と宣誓した。

     価格は各店で異なり、350円前後。総選挙は9月末までで、3店舗以上で購入して専用の台紙にスタンプを集め、お気に入りを選んで応募する。最も得票を集めたジェラートに投票した人の中から抽選で商品券などを贈る。

     問い合わせは、久留米市世界のつばき館(0942・47・1821)へ。

    2017年08月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発