文字サイズ

    トレンド

    LINEで防災・育児情報配信 福岡市が実証実験

    • 福岡市などが情報の配信を始めるLINEの一画面
      福岡市などが情報の配信を始めるLINEの一画面

     福岡市は25日、無料通話アプリを提供するLINE(東京)などと連携し、防災や育児に関する情報配信を始めた。利用者は、住んでいる地域や子どもの年齢を登録することで、必要とする身近な情報を入手できる。市は「生活に便利なサービスを市民に提供したい」としている。

     市が新たに導入したのは、LINEの公式アカウントを通じ、防災など4項目から利用者が選択した情報を自動で受信できるサービス。10月24日まで実証実験を行い、効果などを踏まえて継続するかどうかを決める。

     「防災」は登録した地域の避難勧告や、微小粒子状物質(PM2・5)などの気象情報を配信。「子育て」では、出産予定日や子どもの誕生日を登録すると、月齢や年齢に合わせた健康診断やイベント情報が案内される。「ごみの日」は、ごみの種類や収集場所ごとに回収前に連絡が届く。

     市が行政情報の発信強化を狙って昨年10月にLINEと結んだ連携協定に基づく取り組み。7月23日までに登録すると、市の観光名所や名物のラーメン、明太子と「よかね~」などの博多弁を組み合わせたオリジナルスタンプを取得できる。

     市が2012年に始めた公式アカウントには約4万人(25日現在)が登録している。市主催のイベント情報などが登録者に一律で届けられており、ニーズに合った情報を求める声が寄せられていた。

     高島宗一郎市長は25日の定例記者会見で「必要な情報を必要な人に配信し、かゆいところに手が届くシステムにしたい」と述べた。

    2017年04月26日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発