文字サイズ

    確定申告始まる、マイナンバー対応で混雑

     2016年分の所得税の確定申告の受け付けが16日始まり、福岡市・天神の「ソラリアステージビル」にも申告会場が設けられた。今回から申告書の提出時にマイナンバーを記入する手続きが加わったため、例年よりも混雑している=写真=。

     会場は博多、福岡の両税務署が開設。約80台のパソコンが並べられ、16日は職員ら約90人が対応した。福岡国税局によると、申告者の本人確認のため、マイナンバーカードを持っている人は窓口で提示する。持っていない場合は、通知カードか、マイナンバーが記載された住民票の写しなどと、身元確認のための運転免許証などが必要となる。

     福岡県内は約80万人の申告が見込まれるといい、同局はインターネットで申告書を提出する「e―Tax」の利用も呼びかけている。所得税の申告期限は3月15日まで。

    2017年02月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun