文字サイズ

    福岡県予算は1・7兆円、新年度当初案

     福岡県は17日、2017年度の当初予算案を発表した。一般会計の総額は前年度当初比4・5%減の1兆7209億円。待機児童解消や生活困窮世帯の支援などに力点を置き、安心して仕事や生活ができる環境づくりに取り組む。24日開会の県議会定例会に提案する。

     歳入は、県税等が3・4%減の8026億円。県債発行額は0・8%減の2218億円とし、財政調整基金など3基金から45億円を繰り入れる。

     歳出は、人件費が21・5%減の3875億円。教職員給与の支出が福岡、北九州両市に移譲されることに伴って縮小した。12年の九州北部豪雨を受けた河川改修などの事業の終了により、公共事業費は1・8%減の1989億円となった。

    (ここまで300文字 / 残り284文字)
    2017年02月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ