文字サイズ

    花びらでハート形描く、直方

    • 完成した絵と記念撮影する市職員ら
      完成した絵と記念撮影する市職員ら

     福岡県直方市役所そばの遠賀川河川敷直方リバーサイドパークで19日夕、チューリップの花びらを使ったハート形の絵(縦約10メートル、横約8メートル)が披露された。1~9日に開かれた「のおがたチューリップフェア」の来場者に謝意を伝えようと、市職員が企画した。

     市や市観光物産振興協会の計約20人が、赤や黄色などの散った花びらを、風で飛ばないように水をまきながら地面に敷き詰めた。突然現れた大きな絵に、河川敷を散歩していた市民らは足を止めて写真撮影を楽しんでいた。

     発案した市商工観光課の池田朝二係長は「家族連れなど多くの方に楽しんでもらった。ぜひ来年も来てほしい」と話していた。

    2017年04月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発