文字サイズ

    大卒就職率97・6% 2年連続で最高更新 

     厚生労働省、文部科学省は19日、今年3月に卒業した大学生の就職率(4月1日現在)が前年同期比0・3ポイント増の97・6%となり、2年連続で過去最高を更新したと発表した。就職率の上昇は6年連続。また、高校生の就職率(3月末現在)は同0・3ポイント増の98%で、7年連続の増加となった。両省は「景気回復に伴う求人の増加で、学生が希望の職種を見つけやすくなり、就職率が上がった」と分析している。

     大学生の就職率を男女別にみると、男子96・9%(前年同期比0・2ポイント増)、女子98・4%(同0・4ポイント増)。文理別では文系97・3%(同0・2ポイント増)、理系98・7%(同0・5ポイント増)だった。地域別では、関東地区が98・8%(同0・9ポイント増)で最も高く、次いで九州地区97・6%(同1・3ポイント増)、中部地区97・4%(同0・9ポイント減)と続く。

     一方、文科省が19日発表した高校生の就職率は、男子が98・5%(同0・2ポイント増)、女子は97・4%(同0・6ポイント増)だった。

    2017年05月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発