文字サイズ

    追い山駆け抜けた、博多祇園山笠

    • 清道を勇壮に駆け抜ける一番山笠・中洲流(15日午前5時、福岡市博多区の櫛田神社で)=浦上太介撮影
      清道を勇壮に駆け抜ける一番山笠・中洲流(15日午前5時、福岡市博多区の櫛田神社で)=浦上太介撮影

     福岡市の夏祭り「博多祇園山笠」は15日早朝、締めくくりの神事「追い山」が行われた。昨年、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されて初めて迎えた祭りで、男たちが「オイサ、オイサ」と威勢よく夜明けの街を駆け抜けた。

     同市博多区の櫛田神社では、き山を奉納する「櫛田入り」を見ようと、桟敷席や沿道に大勢の客が詰めかけた。午前4時59分、太鼓が鳴り響くと、今年の一番山笠・中洲ながれが山を舁き入れ、締め込みに法被姿の男たちが「博多祝い唄」を唱和した後、街中に飛び出した。残る六つの流の舁き山と上川端通の飾り山も続いた。

    2017年07月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発