文字サイズ

    農業再建、100億円以上…福岡県補正案

     福岡県は、豪雨災害で被災した農業用施設の復旧費や農機具の購入費などを一部補助する支援策をまとめた。関連費用は100億円以上を見込み、県議会9月定例会に提案する一般会計補正予算案に盛り込む方針で、小川洋知事が9日、発表する。

     県によると、ビニールハウスや暖房機などの施設復旧費は8割、農機具購入や田畑の土壌改善、畜産農家の飼料購入などは半額を補助する。林業者が所有する林道の復旧費の一部補助も予定している。

     県内の農林水産業被害は、1次取りまとめ分で約288億円(7月23日現在)。内訳は、農業約154億円、林業約133億円、水産業約8000万円となっており、2012年7月の九州北部豪雨の255億円を上回っている。

     支援は被災自治体を通じて行う方針。

    2017年08月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発