文字サイズ

    沖縄米軍ヘリ炎上、飛行中に出火・不時着…北部訓練場外

     11日午後5時15分頃、沖縄県東村の米軍北部訓練場(東村、国頭くにがみ村)近くの牧草地で、米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプター「CH53」が不時着し、炎上・大破した。防衛省などによると、乗員7人にけがはないという。東村にも住民の人的被害に関する情報は寄せられていない。米軍や地元消防が消火活動を行い、約3時間後、鎮圧状態になった。

     米軍側の発表では、CH53は訓練飛行中に出火したため、緊急着陸したとしている。沖縄県警によると、現場は東村高江付近の県道70号近くで、訓練場の施設外。東村役場などによると、近くに約20人が住む集落があり、北約2キロには高江小学校もある。

     安倍首相は同日夜、「大変遺憾だ。米軍機の飛行は、安全第一で考えてもらわなければ困る」と語り、米側に原因究明と再発防止を申し入れるよう、関係省庁に指示したことを明らかにした。テレビ朝日の番組収録で述べた。

    (ここまで392文字 / 残り203文字)
    2017年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    スマートフォン版九州発