文字サイズ

    新燃岳噴煙2000メートルに、地殻変動続く…警戒レベル3維持

     宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃しんもえ岳(1421メートル)は12日も噴火が続き、噴煙の高さは午前11時現在、2000メートルに達している。気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持した上で、大きな噴石や火砕流、噴火に伴う空気振動などの注意を呼びかけている。

     気象庁によると、噴煙の高さは11日(最大約700メートル)と比べて高く、噴煙量も増加。12日は風が弱く、噴煙が真上に上がっているためとみられる。火山性微動や山体が膨張する地殻変動も続いているという。

     宮崎県は12日、降灰が続く同県高原たかはる町に、道路の灰を除去する車両を出動させた。鹿児島地方気象台は同日、職員2人を現地に派遣し、火山灰の採取や火山ガスの放出量の測定を行う。

    (ここまで324文字 / 残り39文字)
    2017年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    スマートフォン版九州発