文字サイズ

    堺町公園に屋台村構想、北九州市がプロジェクトチーム

    • 北九州市が屋台村開設を検討している堺町公園
      北九州市が屋台村開設を検討している堺町公園

     北九州市は、小倉北区の繁華街にある堺町公園に屋台村を開設する構想を立て、庁内にプロジェクトチームを設立したことを明らかにした。外国人観光客の取り込みなどで、街のにぎわいを創出する観光資源になると位置づけている。

     開会中の市議会一般質問の答弁で説明した。構想では、公園内に屋台を集めて夜間に営業してもらい、顧客を獲得した段階で、周辺の空き店舗に移って開業するビジネスモデルを検討している。

     プロジェクトチームでは現在、ガイドライン(指針)の枠組み作りのほか、電気・上下水道などの設備管理、周辺店舗との調整などの課題を整理しているという。

     市内では、北九州空港への国際定期便就航などに伴って外国人観光客が増えており、北橋健治市長は市議会で「外国人観光客にとっての魅力は、非日常的な体験をすること。民間事業者とサービス創出に取り組んでいきたい」と述べた。

    2017年12月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発