文字サイズ

    日田で復興コンサート、米国の合唱団が住民ら励ます

    • クリスマスソングを披露する合唱団
      クリスマスソングを披露する合唱団

     米国の混声合唱団「ロジェ・ワーグナー合唱団」22人による無料コンサートが、大分県日田市の大明小・中学校体育館で開かれた。大明(大鶴・夜明)地区は7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けており、住民らを励まそうと日本ツアーの合間を縫って企画された。

     同合唱団は70年を超す歴史があり、米ソ冷戦時のソ連での演奏活動など、世界的な活躍で知られる。今回のコンサートが行われた4日は元々、移動日に充てていたが、被災地支援を申し出た合唱団の意向を地元の一般財団法人・井上家文化教育振興会などが受け入れ、「復興コンサート」として開催することになった。

     合唱団は「懐かしきケンタッキーの我が家」「草競馬」といったスティーブン・フォスターの曲や、「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングを約1時間にわたって披露。伴奏ピアニストのソロ演奏もあった。用意されたいす200席は満席になり、座布団を敷けるようにしたステージ前にも大勢の人が詰めかけ、大きな拍手を送っていた。

    2017年12月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発