文字サイズ

    保育園に米軍機落下物か、普天間飛行場近く…けが人なし

     7日午前10時20分頃、沖縄県宜野湾市の緑ヶ丘保育園(神谷武宏園長)から「米軍機が通過した後で、ドンという音がした」と同市に通報があった。屋根の上を確認したところ、筒状のビンのようなものが落ちていた。筒は約15センチで、ラベルには英語の記述があった。けが人はいない。同市と防衛省沖縄防衛局などは、米軍機からの落下物の可能性もあるとみて調べている。

     この時間帯には、大型輸送ヘリ「CH53」が飛行していたとの情報もあり、同局などが確認を急いでいる。

     同保育園は、米軍普天間飛行場から約300メートルの住宅街の一角。保育園によると、大きな音がした際、園児たちは園庭で遊んだり、屋内にいたりした。園の女性職員は「普天間飛行場のそばにあるので、このような危険は意識していたが、実際に起きるなんて」と話した。

    (ここまで350文字 / 残り235文字)
    2017年12月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    スマートフォン版九州発