文字サイズ

    寒波で交通機関乱れ、12日も大雪恐れ…九州・山口

    • 強い寒波の影響で雪が降り続く熊本市中心部(奥は熊本城)(11日午前、熊本市中央区で)=本部洋介撮影
      強い寒波の影響で雪が降り続く熊本市中心部(奥は熊本城)(11日午前、熊本市中央区で)=本部洋介撮影

     強い寒波の影響で、九州・山口地方では11日、各地で雪による交通機関の乱れが相次いだ。気象庁は、12日にかけても強い冬型の気圧配置が続き、平地でも大雪の恐れがあるとして警戒を呼びかけている。

     各地の11日の積雪量(午後3時現在)は、長崎市6センチ、熊本県南阿蘇村5センチ、山口市3センチなどを観測。熊本市中心部でも雪が積もり、熊本城が白く覆われた。

     JR九州などによると、久大線や佐世保線などで一部の列車が運休。九州自動車道の熊本県内の一部区間が通行止めとなり、福岡市と鹿児島市などを結ぶ高速バスも運休した。

    (ここまで254文字 / 残り158文字)
    2018年01月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    セミナー(福岡) 「大学の実力」を読み解く スマートフォン版九州発