文字サイズ

    受験生に福岡の宿情報、県HPで公開へ…2月不足恐れ

     2月に福岡県内で国公立大2次試験(前期)と人気アーティストのコンサートなどの日程が重なり、受験生の宿不足が懸念されていることを受け、県は11日、県内の宿泊施設の空き状況を、多くの受験生の志望先が定まるセンター試験(今月13、14日)後にホームページ(HP)で公開すると発表した。

     県によると、HPでは各施設の電話番号や最寄り駅、料金などを掲載。予約の集中が見込まれる2月24、25日の空室の有無を数日おきに更新する。

     宿不足は昨季も懸念され、福岡市が同市内、県が同市を除いた地域の宿泊施設の空室情報をそれぞれ紹介した。今季は、県旅館ホテル生活衛生同業組合(287施設)と福岡市ホテル旅館協会(65施設)の協力を得て、県が同市を含む全域の情報を公開することにした。

    2018年01月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    セミナー(福岡) 「大学の実力」を読み解く スマートフォン版九州発