文字サイズ

    九州・山口で積雪、交通乱れも

     九州・山口地方は12日、強い寒気が流れ込んだ影響で断続的に雪が降り、厳しい冷え込みとなった。13日昼頃まで続く見込みで、気象庁は積雪や路面凍結による交通障害などへの警戒を呼びかけている。

     同庁によると、12日午後11時までの最大積雪量は、山口市で7センチ、佐賀市で6センチ、福岡市で3センチ。最低気温は熊本県南小国町で氷点下5・4度を観測した。

     福岡都市高速と北九州都市高速は11日夜から12日午後まで全線で通行止めに。JRは久大線や肥薩線で運休や遅れが出た。

     同庁によると、13日午後6時までの24時間降雪量は、山間部で10~30センチ。平地でも広い範囲で5センチ以上の降雪が予想されている。

    2018年02月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発