文字サイズ

    西鉄黄金期の1番打者・高倉照幸さん死去…83歳

     プロ野球・西鉄ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)の黄金期に外野手として活躍した高倉照幸(たかくら・てるゆき)さんが12日、肝細胞がんのため、福岡市内の病院で死去した。83歳だった。告別式は13日に家族葬として行う。喪主は妻、美智子さん。

     熊本県出身。熊本商高から1953年に西鉄に入団した。三原おさむ監督のもと、大下弘、中西太、豊田泰光らとともに56~58年の日本シリーズ3連覇に貢献した。「野武士軍団」と呼ばれたチームで主に1番・中堅手を務め、思い切りの良さと長打力から「切り込み隊長」の愛称で親しまれた。

     67年から巨人でプレーし、王貞治、長嶋茂雄の後を打つ5番を任され、4番を務めたこともあった。69年からはアトムズ(現ヤクルト)でプレーし、70年に引退。その後は野球解説者を経て、少年野球の指導にも尽力した。

     現役18年間で通算1793試合に出場して1611安打、打率2割7分6厘、168本塁打、640打点。ベストナインに3度輝いた。

    2018年02月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    セミナー(福岡) 「大学の実力」を読み解く スマートフォン版九州発