文字サイズ

    沖縄市長選現新一騎打ち、与党と知事派「代理戦争」に

     沖縄県沖縄市長選が15日、告示され、前市議の新人・諸見里宏美もろみさとひろみ氏(56)(無=希望、民進、共産、自由、社民推薦)と、再選を目指す現職・桑江朝千夫くわえさちお氏(62)(無=自民、公明、維新推薦)の2人が立候補を届け出た。投開票は22日。

     諸見里氏は、翁長おなが雄志たけし知事やその支持勢力から支援を受けている。一方、桑江氏は与党などから全面的な支援を受け、組織戦を展開している。

     今回の選挙戦は、今秋にも予定されている知事選を見据え、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡って対立する政府・与党と翁長氏側の「代理戦争」の様相を呈している。

     諸見里氏は出発式で「市政を奪還しなければならない。市民が主役の沖縄市をつくろう」と訴えた。病気療養中の翁長氏に代わり、同県の富川盛武副知事が駆け付け、「翁長知事も強く応援している」と強調した。

     桑江氏は出陣式で「全てを任せてほしい。観光も福祉も経済も、皆さんと一緒に前に進めることを約束する」と第一声。西村康稔官房副長官や公明党の斉藤鉄夫・選挙対策委員長も駆け付け、支持を訴えた。

     有権者数は14日現在、11万171人。

    2018年04月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発