文字サイズ

    米軍F15訓練再開…沖縄

     米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機が11日に沖縄本島南部の海上に墜落した事故で、在沖縄米軍は13日、事故を受けて一時中止していた同基地での同型機の飛行訓練を再開した。

     防衛省によると、13日午前7時50分頃、複数のF15戦闘機が同基地を離陸。その後も同型機が繰り返し、同基地を離着陸する様子が確認された。

     沖縄県は12日、沖縄防衛局などに対し、原因究明までの同型機の飛行中止を求めており、反発を強める可能性がある。米軍側は事故原因は明らかにしていない。

     小野寺防衛相は13日、同省で記者団に対し、「米側が今ある全機の安全を確認したうえで、判断したと思う」と述べ、飛行訓練の再開を追認する考えを示した。

    2018年06月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発