文字サイズ

    祭り・催し

    九州の無形遺産集結へ 5月に福岡市巡行

    • 博多祇園山笠
      博多祇園山笠
    • 戸畑祇園大山笠
      戸畑祇園大山笠
    • 唐津くんちの曳山
      唐津くんちの曳山
    • 八代妙見祭の神幸
      八代妙見祭の神幸
    • 日田祇園の曳山
      日田祇園の曳山

     全国の祭り33件で構成する「山・鉾・屋台行事」が、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことを祝い、九州から選ばれた5件の山車などが5月13、14日、福岡市内に集まり、市中心部を巡行する。博多祇園山笠振興会(豊田侃也会長)が28日、福岡市で開いた新年総会で、開催方針を明らかにした。

     5件の行事は、博多祇園山笠、戸畑祇園大山笠(北九州市)、唐津くんちの曳山(佐賀県唐津市)、八代妙見祭の神幸(熊本県八代市)、日田祇園の曳山(大分県日田市)。

     豊田会長によると、各行事の山笠や曳山が初めて一緒に練り歩く。コースや時間などは後日、発表する。豊田会長は「それぞれの地域で引き継いできた文化遺産は、世界が認める行事となった。皆さんと共に登録を祝いたい」と話している。

    2017年01月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun