文字サイズ

    祭り・催し

    13日に関門海峡花火大会、両岸から計1万5000発

     関門海峡花火大会が13日夜、北九州市と山口県下関市で開かれる。両市合同での開催は30回目。両岸から約7500発ずつ計約1万5000発が打ち上げられ、海峡の夜空と海面を彩る。

     午後7時40分から北九州市門司区で開会式があり、同50分に打ち上げを開始。熊本地震や九州北部の豪雨災害の被災地復興を祈願し、不死鳥をイメージした「フェニックス花火」、1尺5寸玉花火などが大輪の花を咲かせる。水中花火を3か所で一斉に投げ入れる試みもある。

     実行委員会は「両岸から絶え間なく打ち上がる花火の迫力を感じてほしい」としている。専用駐車場がないため、公共交通機関の利用を呼びかけている。

    2017年08月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発