文字サイズ

    天神・博多

    天神買い物よりお得に、共通ポイント4月導入

     九州最大の繁華街、福岡市・天神の百貨店や商店街などでつくる「都心界」は31日、今年8月で発足70周年を迎えるのを記念し、天神地区の加盟店舗で共通のポイントサービスを4月から始めると発表した。ポイントをためると、全施設共通の商品券、各施設で利用できる優待券などがもらえるようにする。共通のサービスを展開するのは初めてで、詳細は3月末に発表する予定。

     都心界は「天神一帯を将来必ず都心部に」との願いを込めて、1948年8月、「都心連盟」として発足。53年に「都心界」に改名し、現在は岩田屋本店や博多大丸、新天町商店街、天神地下街商店会、ソラリアプラザ商店会など15団体が加盟している。

     新たに導入する共通ポイントサービスについては、「15の大型商業施設を巨大な仮想モールに見立てて行う。天神での買い物が今以上に楽しくお得になる」としている。

     また、2月1日から27日までは、歌手の安室奈美恵さんの大型ポスターや懸垂幕を15施設で掲示し、70周年の感謝の気持ちを買い物客らに伝える。

    2018年02月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発