文字サイズ

    天神・博多

    地下鉄天神駅周辺地図、電子看板に…4か国語に対応

    • 画面にタッチして目的地を確認する韓国人観光客
      画面にタッチして目的地を確認する韓国人観光客

     福岡市・天神の市営地下鉄天神駅で、周辺地図を表示する案内板がデジタルサイネージ(電子看板)に切り替わり、12日から利用が始まった。4か国語の中からタッチパネルで表示言語を選択でき、訪日外国人の利便性向上も期待される。

     案内板は縦107センチ、横190センチで、中央口と西口に設置。フィルムに地図を印刷していた従来の案内板に比べ、店舗名などの変更に対応しやすくなった。日本語、英語、中国語、韓国語に対応し、地下鉄天神南駅への経路を点滅表示で知らせる機能も持たせた。

     韓国から旅行で訪れた会社員の女性(32)は、表示を韓国語に切り替えて商業施設の位置を確認し、「韓国語だけの表記があるのは見やすい」と話していた。

    2018年06月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発