文字サイズ

    美術館・博物館

    エリック・カール展10日開幕…熊本市現代美術館

    • 色鮮やかな原画が並ぶ会場
      色鮮やかな原画が並ぶ会場

     ベストセラー絵本「はらぺこあおむし」で知られる米国の絵本作家、エリック・カールさんの原画などを紹介する「特別展示 エリック・カール展」(読売新聞社など主催)が10日、熊本市現代美術館(熊本市中央区)で始まる。3月5日まで。

     会場には、「はらぺこあおむし」や、エリック・カールさんの娘の願いから生まれた作品「パパ、お月さまとって!」などの原画約50点を展示。9日には報道向け内覧会が行われた。

     同美術館の岩崎美千子・学芸員は「エリック・カールさんは、彩色した紙を何枚も切り貼りして作品を制作する。原画では、色が重なった部分や制作過程がよく分かる。鮮やかな作品ばかりで、親子で楽しめる」と来場を呼びかけている。

     入場無料。12日午前11時半から、KKTくまもと県民テレビのアナウンサーによる読み聞かせも行われる。火曜休館。問い合わせは、市現代美術館(096・278・7500)へ。

    2018年02月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発