<速報> 三遊亭円歌さん死去、85歳…落語協会最高顧問
    文字サイズ

    鉄道・運輸

    北九州モノレール駅に合格祈願の神社

    • 約20人の社員らが参列して行われた神開きの神事
      約20人の社員らが参列して行われた神開きの神事
    • 合格祈願セット
      合格祈願セット

     「救いの丘(企救丘駅)からモノレールに乗ったら、平和に通り(平和通駅)ます」――。受験シーズンを前に、北九州高速鉄道は8日、北九州市小倉北区の北九州モノレール平和通駅に合格祈願の「平和神社」を設置し、絵馬などが入った合格祈願セットの販売を始めた。同社は「高校や大学、資格などの試験を控えている人はぜひ参拝してほしい」としている。

     モノレール沿線には高校や大学があることから、同社が通学などで利用する受験生を応援しようと2010年度から実施。企救丘、平和通の両駅名をもじり「救いの丘から平和に通る」とPRしている。これまでに志望校へ合格した受験生から同社にお礼の連絡が入ったこともあるという。

     平和通駅北口の改札前コンコースに朱色の鳥居(高さ約2・4メートル)と社を配置。学問の神様としてまつられている蒲生八幡神社(小倉南区)の幸彦社さちひこしゃ御霊みたま分祀ぶんししている。

     初日は、社員ら約20人が参列した神開きの神事があった。祝詞を奏上した同神社の高山定美宮司は「平和神社は自分の目標に向かって努力している受験生にとって大きな心の支え。志望校に合格するよう願っている」とあいさつした。

     合格祈願セット(税込み1000円)は、「がんばれ受験生!平和に通りますように」と書かれた絵馬、合格お守り、企救丘―平和通駅間の合格祈願切符の3点。平和通、小倉両駅で150個限定で販売している。絵馬は平和神社で奉納することもできる。

     神社の設置は来年3月17日まで。問い合わせは同社(093・961・0103)へ。

    2016年12月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発