<速報> 北が弾道ミサイル発射、失敗か…韓国報道
    文字サイズ

    鉄道・運輸

    全日空が「薩長土肥割引」

     全日空は、鹿児島、山口、高知、佐賀の4県が進める広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」と連携した取り組みとして、4県の空港発着便について、早期予約の割安運賃をさらに値下げするサービス「平成の薩長土肥割」を始めたと発表した。

     全日空によると、同サービスでは、3月26日~6月30日の搭乗分について、羽田空港(東京)と4県を結ぶ路線の「旅割75」と「旅割55」の最安値を100~1100円下げる。また、5月7日までの搭乗分を対象に、4県のうち2県を、羽田(東京)か伊丹(大阪)を経由する場合について割安の乗り継ぎ運賃を設定する。

     全日空はまた、機内誌で4県の観光情報を発信したり、4県で明治維新をテーマにした講演会を開いたりして、PR面でも協力するという。同社は「観光需要の拡大に貢献したい」としている。

     平成の薩長土肥連合は、明治維新の原動力となったとされる4県が、2018年の「明治150年」に向け、共同で幕末・明治維新をテーマにした観光振興を進める事業。4県に定期便を就航している全日空に、協力を要請していた。

    2017年02月03日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発