文字サイズ

    鉄道・運輸

    新型観光列車 西鉄が導入へ

     西日本鉄道は12日、本格的な新型の観光列車を天神大牟田線に導入すると発表した。2018年度末の運行開始を予定している。沿線地域の食材を使った料理を提供し、利用客に各地の魅力を実感してもらえるようにする考えだ。

     既存の通勤型車両を改造し、内装も地域の素材を活用する。車両イメージと名称は今年度中に、運行ダイヤと料金は18年度に発表する。沿線住民にも気軽に楽しんでもらえるように、料金は低めに抑える方針だ。

     西鉄は現在、観光列車の「旅人たびと」と「水都すいと」を運行しているが、特別料金は不要で、食事のサービスは行っていない。

    2017年04月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発