文字サイズ

    鉄道・運輸

    日田彦山線復旧費70億円…JR九州、自治体と負担協議へ

     JR九州は9日、7月の九州北部豪雨の影響で一部区間が不通となっている日田彦山線の復旧費が約70億円に上る見通しを明らかにした。青柳俊彦社長は記者会見で、「単独で復旧するのは厳しい」と述べ、年内にも地元自治体と路線維持のあり方や費用負担などの協議を始める意向を示した。

     城野(北九州市)―夜明よあけ(大分県日田市)駅を結ぶ同線のうち、不通区間は添田(福岡県添田町)―夜明駅間の29・2キロ。計63か所で線路が流されたり橋が傾いたりするなどの被害が出た。

     復旧費の内訳は、五つの橋の架け替えに42億円、線路関連に15億円など。青柳社長は鉄道での復旧に関して「旅客は30年前の3分の1を切っている。厳しいが、やめる前提ではない」との認識を示し、将来的に維持できる輸送手段を地元自治体と議論する考えを強調した。

     これに対し、添田町の寺西明男町長は「町の財政事情を考えると費用負担は難しいが、鉄道は地域に欠かせない。JRの考えを聞いた上で対応を検討したい」と話した。

     JR九州は、ほかの災害復旧費として、九州北部豪雨で鉄橋が流失した久大線が約17億円、台風18号で被害を受けた日豊線などが約31億円となる見通しを発表。日豊線・臼杵―佐伯駅間は12月下旬、久大線・光岡―日田駅間は来年7月に運行を再開する予定。

    2017年11月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発