文字サイズ

    鉄道・運輸

    長崎の路面電車、全線で通常運行…蛍茶屋―公会堂前が再開

    • 脱線事故が起きた現場を走る路面電車
      脱線事故が起きた現場を走る路面電車

     長崎電気軌道は29日、2016年6月に長崎市桶屋町の交差点で起きた路面電車の脱線事故後、運休が続いていた蛍茶屋―公会堂前(3号系統)の運行を始発から再開した。1年5か月ぶりに全線で通常運行に戻った。

     同交差点では07年以降、4回の脱線事故が発生。16年の事故を受け、同社はカーブの半径を大きくするなどの改良工事を行い、試運転で安全が確認されたとして運行を再開した。当面は現場に社員を派遣し、異常がないか確認するという。

    2017年11月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発