文字サイズ

    鉄道・運輸

    貝塚駅で連結・分離の新案、福岡市営地下鉄・西鉄直通運転計画

     福岡市は、市営地下鉄箱崎線(中洲川端―貝塚、4・7キロ)と、西日本鉄道の貝塚線(貝塚―西鉄新宮、11キロ)の直通運転計画について、貝塚駅で車両を連結・分離する新案を軸に検討を進めていることを明らかにした。貝塚線では西鉄の2両のみ、箱崎線では地下鉄4両と連結した6両で運行することにより、両線の輸送力を維持でき、設備投資も抑えられるとしている。

     市によると、両線は軌道幅が同じだが、車両の乗り入れは行っておらず、利用者が貝塚駅で乗り換えるのに60メートル以上歩く必要がある。市と西鉄は利便性向上を目指して1997年から、直通運転の実現に向けた検討を始めたが、現在のところめどは立っていない。

     従来案は、市と西鉄がいずれも新造の3両編成を運行して両線に乗り入れ、地下鉄・天神駅で折り返す内容。この場合、貝塚線の各駅ホームを3両に対応させる改修、天神駅で折り返すための軌道整備などが必要になり、初期投資は約260億円と見込まれている。

     新案では、新造する2両と4両を貝塚駅で連結・分離して、箱崎線は6両、貝塚線では2両の編成を維持する。これにより、乗降客の多い天神駅以西にも乗り入れられる輸送態勢を確保でき、設備投資も従来案を下回る見通しだという。

     市は今後、新案に基づいた費用を試算する。ただ、箱崎線沿線に位置する九州大箱崎キャンパス跡地の活用方法によっては、乗降客の予測が大きく変動する可能性もあり、新案の実現可能性を慎重に検討することにしている。

    2018年01月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発