文字サイズ

    行楽・観光

    王国守る光るドラゴン HTB新たな呼び物

     長崎県佐世保市のテーマパーク・ハウステンボスは17日、大規模なイルミネーションイベント「光の王国」の新たな呼び物として、竜の形をした「光のドラゴンロボット」=写真、大野博昭撮影=を導入すると発表した。今月29日~5月7日のイベント期間中、1日2回、園内の特設会場に登場する。

     ロボットは全長13メートル、高さ6・5メートル。体に取り付けた発光ダイオード(LED)が赤、青、虹色に光り、口から長さ3メートルほどの炎を出しながら移動する。来園者は背中の部分に有料で乗ることができる。17日に試乗したハウステンボスの沢田秀雄社長は「新たな守り神として来園者に楽しんでもらえれば」とアピールした。光の王国では約1300万個の電飾が園内を彩る。

    2016年10月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発