文字サイズ

    行楽・観光

    草原の新緑鮮やか 平戸・川内峠

     県内有数の規模の草原が広がる平戸市の川内峠(約100ヘクタール)で、新緑が見頃を迎えている。7月上旬までの緑が最も鮮やかという=写真=。

     西海国立公園内の丘陵にあり、住民らが野焼きをして景観を保護している。峠からは九十九島などが見渡せ、大型連休中には多くの観光客が散策を楽しんだ。

     平戸観光協会の担当者は「草原は今が一番美しい季節。ぜひ足を運んでほしい」と呼びかけている。

    2017年05月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発