<速報> 小室哲哉さん、引退を表明…妻以外との交際報道
    文字サイズ

    行楽・観光

    ケープハイラックス20匹、長崎バイオパークに仲間入り

    • 身を寄せ合うケープハイラックス
      身を寄せ合うケープハイラックス

     長崎県西海市の長崎バイオパークに、大きな瞳が愛らしいケープハイラックス20匹が仲間入りし、来場者の人気を集めている。

     同園によると、草食で体長約50センチ。アフリカ中南部の岩山などに群れで隠れすみ、ずんぐりとした体形にもかかわらず、湿った手足を使って急な崖も素早くよじ登れる。ネズミに似ているが、足にひづめのような平爪を持つことからゾウの仲間に分類されている。

     カピバラに次ぐ人気者になればと、広島市安佐動物公園から借り受けた。九州の動物園では唯一の展示となり、9月まで大型淡水魚を公開していた「ライブドーム」(旧アマゾン館)で見ることができる。担当者は「皆さんにかわいがってもらいたい」と話している。

    2017年12月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    セミナー(福岡) 「大学の実力」を読み解く スマートフォン版九州発