文字サイズ

    行楽・観光

    ツバキ鮮やか、久留米でまつり…18日まで

     福岡県久留米市野中町の石橋文化センターで10日、「つばきまつり」が始まった。約260種1500本のツバキが咲き始め、来園者を楽しませている=写真=。18日まで。

     同市は全国有数のツバキ苗木の生産地。まつりは10日に開幕した「久留米つばきフェア」の一環で、同市草野町一帯でも色とりどりの花を見ることができる。

     同センターによると、寒波の影響で例年より1週間ほど開花が遅れているというが、来園者は赤や淡いピンクなど鮮やかな花に見入ったり、写真を撮ったりしていた。センターは「暖かさに誘われ、開花も進むと思います。ぜひ足を運んでほしい」と話している。

     入場無料。期間中は苗木即売会、ピアノやチェロなどのコンサート(17、18日)、ケーキや抹茶を味わえるオープンカフェ(同)もある。午前10時~午後5時で、12日は休館。問い合わせは同センター(0942・33・2271)へ。

    2018年03月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発