文字サイズ

    行楽・観光

    大分・六郷満山で限定「鬼朱印」、開山1300年記念し

    • 各寺院の鬼朱印(左上がご朱印帳)
      各寺院の鬼朱印(左上がご朱印帳)

     大分県・国東半島の寺院群「六郷満山ろくごうまんざん」の開山1300年を記念し、関係6市町村などでつくる誘客キャンペーン実行委員会は、ゆかりの13寺院で期間限定の「鬼朱印」が受けられるご朱印帳を作った。

     ご朱印帳は縦16センチ、横11センチ。表紙などには地元に伝わる国指定重要無形民俗文化財の火祭り「修正鬼会しゅじょうおにえ」で使われる鬼面をデザインした。1通300円。

     鬼朱印は、修正鬼会が行われる天念寺(豊後高田市)や岩戸寺(国東市)などで6月10日までの土・日曜、祝日に受け付けている。同半島の鬼は福をもたらすとされ、担当者は「春の行楽にご朱印巡りを楽しみながら温泉などの観光も満喫してほしい」と話している。

     ご朱印帳に関する問い合わせは同実行委(0978・72・5007)へ。

    2018年04月03日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発