文字サイズ

    行楽・観光

    電動バイクで観光を、今月下旬レンタル開始へ「風や波の音楽しんで」…山口・周防大島

    • 電動バイクを活用した観光振興を目指す山崎さん
      電動バイクを活用した観光振興を目指す山崎さん

     山口県周防大島町などで旅館や飲食業を展開する「ちどりグループ」は、町を訪れる観光客向けに電動バイクのレンタルサービスを始める。社長の山崎浩一さん(47)は「環境に優しい乗り物で、風や波の音に耳を傾けながら町内をくまなく巡ってほしい」としている。

     同町の年間観光客数は100万人を超える。山崎さんは、町内の名所への交通手段として、小回りがきき、どこでも充電可能な電動バイクの導入を思い立った。

     昨秋から検討を進め、プロモーションビデオも制作して周囲に協力を呼びかけた。岩国市のメーカー「ツバメ・イータイム」が応じ、同社の「yuppeユッペ2」10台を提供。1回の充電で35~45キロ走行できる。

     今月下旬のサービス開始を予定。当面は、同グループが指定管理者として運営する同町東安下庄の竜崎温泉が貸し出し・返却の拠点で、協力者を募りながら町全域に拠点を広げる。6月には、町内にある四つの奇岩などを電動バイクで巡るツアーも計画している。

     山崎さんは「町を発信する話題づくりとして、また、電動バイク活用の実証事例としても成功させたい」と意気込んでいる。

     問い合わせは竜崎温泉(0820・77・1234)へ。

    2018年05月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ スマートフォン版九州発