文字サイズ

    福岡ソフトバンクホークス

    工藤監督、19年まで契約延長

    • 3年契約に合意し、意気込みを語る工藤監督
      3年契約に合意し、意気込みを語る工藤監督

     ソフトバンクは20日、工藤公康監督(53)と、2019年シーズンまでの3年契約で合意したと発表した。今季は3年契約の最終年だったが、三笠杉彦・球団統括本部副本部長は「今年の優勝奪回だけでなく、中長期的な視点でチーム強化にあたっていただきたい」と契約更新の理由を説明した。

     工藤監督は就任1年目の15年に2年連続の日本一を達成。昨季はリーグ3連覇を逃したものの、若手投手を抜てきしながら83勝(54敗6分け)を挙げた。球団側は実績や選手の育成力を高く評価。王貞治・球団会長の意向も踏まえ、昨シーズン中から契約延長の方針を固めていたという。

     ヤフオクドームで記者会見を開いた工藤監督は「5年、10年たっても『ホークスは強い』と言われるよう、地盤を作っていきたい」と決意を新たにした。

    2017年01月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun