文字サイズ

    Jリーグ

    J2山口、ホーム白星3月以来

    • 先制ゴールを決め、喜ぶ小塚選手(中央)
      先制ゴールを決め、喜ぶ小塚選手(中央)

     サッカーJ2は9日、第22節が行われ、レノファ山口はホームの維新百年記念公園陸上競技場(山口市)でモンテディオ山形と対戦し、2―0で勝利した。ホームでの白星は3月26日以来。通算成績は4勝4分け14敗で、勝ち点を16とした。

     レノファは前半38分、DF広木雄磨選手からの浮かせたパスに、MF小塚和季選手が合わせて先制。後半12分には、FW岸田和人選手が2点目を奪った。

     試合後、マジョール監督は「ホームでの勝利はとてもうれしい。勝利を続けられるように今後も強化していきたい」と話した。

     次節は15日午後6時から、アウェーのPikaraスタジアム(香川県丸亀市)でカマタマーレ讃岐と対戦する。

    2017年07月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発