文字サイズ

    Jリーグ

    J3北九州、相模原に快勝…連敗2で止める

    • サポーターとゴールを喜ぶ福田選手(中央)ら
      サポーターとゴールを喜ぶ福田選手(中央)ら

     サッカーJ3・ギラヴァンツ北九州は1日、ホームの「ミクニワールドスタジアム北九州」(北九州市小倉北区)でSC相模原と対戦し、3―0で快勝した。連敗を2で止め、通算成績を11勝3分け9敗とし、勝ち点を36に伸ばした。順位は暫定8位。

     ギラヴァンツは前半終了間際、MF内藤洋平選手がフリーキックを直接決めて先制。後半も試合を優位に進め、FW平井将生選手、DF福田俊介選手がゴールを決めた。後半35分には、けがで離脱していたMF本山雅志選手が今季初出場。シュートを放つなどし、サポーターから歓声が送られた。

     本山選手は試合後、「復帰できてよかった。次は勝利に貢献できるように頑張りたい」と話した。

     次節は8日午後1時から、アウェーでYS横浜と対戦する。

    2017年10月02日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発